タクティカル原人

    Sort by TACTICAL GEAR

    Category: スポンサー広告  

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    Category: TACTICAL GEAR > GEAR/TOOL  

    BIRCHWOOD SUPER BLACK TOUCH UP PEN


    ーー前回までのタクティカル原人

    BCM「取り付けはガンスミスに任せましょう」
    一流ガンスミスぼく「まかせろ」
    ロワレシーバー「ちょっとまってピン径が合ってない」
    三流ガンスミスぼく「えい」
    ロワレシーバー「ぐええええ」
    五流ガンスミスぼく「やったぞできたぞ」
    ロワレシーバー「」
    七流ガンスミスぼく「あれなんか割れてる、うわあ絶望」
    ロワレシーバー「」




    どうも九流ガンスミスです。前回の避けようの無い悲しい事故、もう全く予想外の到底予期できないあの完全なる事故から3日後、さっそくブツが届きました。




    BIRCHWOODのタッチアップペン!見てくださいこのなめらかボデー!安心と高価格のアメリカ製です!なんと1800円!たったのペンがコノヤロー!このタッチアップペンで割れたロワーレシーバーがなんとかなるのではないかと思いました!




    しかしもちろん裏面は読めない外来語!イージーにアルミやブラックのサーフェイスをタッチアップなこと/プラはノットリコメンドでポリッシュアロイがフォーユーズっぽいこと/カルフォルニアには売っちゃあならねえことがギリギリわかります!




    キャップを取るとペン先は真っ白。すわブルーイング液的な金属と反応するタイプかと一瞬思いましたが、単にインクが降りてきていないだけです。ペン先をぐしぐしと押し込むとインクが滲んできました。あれですポスカ的なあれです。




    そんなわけですからブルーイングで有名なバーチウッドの製品であるわけですが、どっこいこれはブルーイング液ではありません。なんかこう……単なる油性ペンだったらどうしよう……とちょっと思いますがそんなわけないよね1800円だもんね、このセレクター部分の塗装はがれもなんとかなる……よね?1800円だもんね?




    イヨッ!
    ササっと塗りこんでみました。まあうん、そこそこ目立たない感じに仕上がります。さすが1800円!




    ダストカバーと擦れてしまったボルトの傷も……




    セイ!
    うん!まああの、ある程度目立たなくなりました。塗りこんですぐに硬化する感じの瞬着?みたいな使用感なので、塗り直すとこんな感じでムラになります。




    ついでにこのダストカバーも……




    ソイヤッサ!
    なるほどなるほど!近づけばアレ、近づけばアレですが、引けば、そう引いてみればそこそこ目立たない様になりました!まああの、ここは使用していけばどうやっても削れていってしまう、しまうのだから(元の素材ごと削れてゆく)まあね!




    テイクダウンしたらRIS2が干渉してできてしまった傷……




    アーラヨッ!
    おうおう!うん、なんかこれ、ええと、いや、いやなんでもないです。




    いよいよ例のトリガーガード基部……




    ラッシャイ!
    うん!まあね!うんうん!みなさんの気持ちわかるよ!なんかこうマッキーで塗ってもこうなるんでは……なんて……!なーんてねウフフ!……アハハ1800円ウフフフ!さてみなさんはこのペンに価値を見いだしますか!?1800円、1800円の価値を。わたしですか?ウフフ、1800円、へへへ……ねえ?
    スポンサーサイト
    Category: TACTICAL GEAR > GEAR/TOOL  

    NB REPLICA MICRO T-1

    AimpointのMICRO T-1といえばシンプル軽量コンパクト、なおかつボタン電池一個で50万時間も持つというド定番のドットサイトであります。いつかはわたくしも実物を手にしたいと考えておりまして、みなさんと同じようにいつも道を歩く時は「あーT1落ちてねーかなT1」と思いながら歩いているわけです。




    ドン!というわけでレプリカT-1をレプリカT-1に買い替えてみました(奇行)!届いてパカリとパッケージを開けるとさっそく塗り直したくなりましたので、ササーッとマスキングしてみました。




    この横っつらのレーザー刻印……(白目)下の細かい文字はまだいいとしてもAimpointの文字がガッツリと白で入ってしまっております。実物のT-1はうっすらとしていて主張しない感じの刻印になっているはずで、白くガッツリは民間バージョンのMicro H-1のはずです。こんなの間違っている。許せない。そうだ相手を矯正しよう。(正義に燃える目)




    右側面。本体の長さ高さはリアル寸法な感じに見えます。元々持っていたレプリカT-1は実物より一回り大きいサイズでした。




    ウィンデージ、エレベーション調整ネジは元々持ってたT1よりはやや低い作りでまあまあリアルな感じです。そのかわりバッテリーケースは厚みが増していて世の中は上手くいきません。




    今回はちゃんとメタルプライマーしてからきちんと塗装しようと思います。脱脂するのに丸洗いするわけにはいかないので、パーツクリーナーを使ってみました。




    ゴム・プラに使用可能なブレーキクリーナーです。パークリは噴霧の勢いも強く、かつ瞬時に揮発しますので水で丸洗いするよりかなりラクでした。




    正義の矯正塗装完了。いつものブラックパーカーです。




    うーんさすがインディ、いつもどおり良い仕上がりです。Aimpointがうっすら残るように加減して塗装してみました。




    前レンズは赤く反射するコーティング。なかなか雰囲気があります。




    マウントはLARUE LT660のレプリカが付いてきました。品質は寄って見るとうーん…って感じです。








    レンズカバーも付いてきました。Aimpointの浮き彫りもなくておまけ品質な感じですが、よく見るこんなかんじの組み合わせが出来てわたしは幸せです。




    レンズはやや緑がかって見えます。




    左が今回買ったもの、右が6、7年前に買ったものです。色の転びは好みもありそうですが、新しいもののほうが明るくてかつコントラストがハッキリしており、見やすく感じます。




    ドットはあんまり滲みもなく綺麗な円形です。このへんはすごく時代を感じますね……




    このT-1、散々言っているマルイのM4につけようと思ってましたが……さすがに待てなくなって別のを予約しました。今週か来週には日本でも発売……のはず………
    Category: TACTICAL GEAR > NYLON  

    RAVEN MODULOADER + HSGI TACO



    バーン!!
    シンプルな装備を実現したくてたまらないと思っていたら財布の中身が減りまして、その代わりにこんなものが届きました。




    RAVEN CONCEALMENTのモジュローダー!
    カイデックスホルスターなどで有名なレイブンのTACOマグ用プラットフォームです。




    ベルトループにツメがいくつか生えたシンプルな構造。ベルトループの幅とツメの数でラインナップはさまざまですが、今回はベルトに合わせて1.75インチベルトループ・ツメ5つのモノを選びました。




    ベルトループはこんなふうに柔軟に動きます。素材は柔らかいため体に沿って適度に曲がります。




    RAVENのカラスマーク。メイドインナメーリカ。見た目的なお楽しみはこのくらいです。




    HSGIのTACOマグ、ダブルデッカー。ライフルマガジン2本とハンドガンマガジン2本が収まります。




    うーんこの、抜きやすくてかつ刺しやすい、どんなマガジンでも受け入れてくれるワガママボデー。マガジンポーチのひとつの到達点ではあるまいかとわたくしそう思いました。




    マリスクリップは新型のものが付属してきました。




    こんなふうにして固定するもよう。「これでもうマイナスドライバーいらないじゃん!」と思いましたが、結構な硬さでツメが固定されるため、たぶん外すときドライバーでこじって外すことになります……(白目)




    モジュローダーへのマウントはマリスクリップは使いません。モジュローダーのツメにTACOのウェビングを使って固定します。ハイライド・ローライドと高さを少し調整できます。




    こんな感じ。5本のツメのうち、真ん中は使いません。




    あとはこんなふうにして……




    5本ともねじ止めするだけ。簡単です。




    WAO!イッツシンプル!これだけで必要最低限なマガジン容量を得られます。TACOマグはエラスティックコードのテンションでマガジンを固定しますが、入り口あたりをゆるく調整すると良い感じに抜き差しできました。




    ライトなんかをハンドガンポーチに収めておしゃれ感を演出。なんでも入るわがままボデー。




    さっそくデューティベルトと組み合わせていきます。




    いつからあるかわからないデューティベルト。メーカーを調べてみたら日本のメーカーでした。バックルもnifcoでメーディンジャパン。割と質が良いです。




    右の腰にシェルパホルスターを装着。この装着位置を下げるアタッチメントは良い値段しましたが、使い勝手がかなり向上するのでオススメです。




    マルイのM&Pを納めます。ホルスターが共通のため、マルイのグロックも入ります。




    左の腰にはモジュローダー。シンプルで軽い!




    ここで秘密兵器。ベルクロのオスメスが表裏になった、よくコードなんかを纏めるあれ。これをインナーベルトに使います。大抵のデューティベルトの内側はメスのベルクロになっているので、インナーベルトのオスとくっ付いて縦ズレの防止になります。同機能を持ったインナーベルトがビアンキとかから発売されていますが、こっちのほうが安いですし小さくまとまるのでオススメです。




    こないだのゲームはこのデューティベルトのみで臨みました。使いやすさ、動きやすさともにかなり完成度の高いセットで、あまりの軽さに今まではなんだったんだくらいにも思いました。「うーんこのプラッチックがこの値段」と思った過去の自分に大きめの声でNOを言いたくなります。NO!!!大丈夫だよ!!!このプラッチック怖くない!!ってね。みなさんもカートに入れるをポッチする時は恐れずしましょう。
    Category: TACTICAL GEAR > APPAREL  

    PIG FDT ALPHA TOUCH GLOVE



    「豚が火を噴きゃノベスキー、しわしわだったらギアのほう」でおなじみの(おなじみでない)PIGが総力をアレして開発したというFDTグローブを入手しました。




    開発&フィードバックに2年を費やし、シューティング専用に拵えただけあって非常に良く考えられております。正式名称はPIG Full Dexterity Tactical(FDT)Alpha Touch Glove、メーカーのPIGはパトロールインシデントギアの略だそうですので正しくはパトロールインシデントギアフルデクスタリティタクティカルアルファタッチグローブスです。正式な場では是非こう言いましょう。(冠婚葬祭時など)




    よく見るコヨーテカラーで、サイズ表どおりMサイズを買ってみました。いつも使ってるミディアム9サイズのメカニクスと比べると非常にフィット感が良く感じます。着脱に若干戸惑うレベルですが小さいわけではなく、ぴったりです。




    タグ。
    40%合皮
    45%ナイロン
    10%フォーム
    5%ゴム
    だそうです。
    デザインアメリカ、製造はベトナム。噂によるとメカニクスグローブと工場が一緒とか一緒でないとか……




    メカニクスと違い、親指側から伸びたバンドを内側の手首に回して固定します。腕時計などに干渉しないよう手首自体は覆わないようになっています。




    親指の付け根部分はメガネ拭きの素材になっておりふわっふわで、思わず取り込んだ洗濯物に飛び込んだ幼い頃の記憶が蘇り、あのころは良かった、今はなんでこうなってしまったんだと泣けてくること間違いなしです。タグ記載の10%フォームの部分はここですかね?いちいちメガネ拭きを出さなくてすむのはすこぶる便利そうです。




    手首にパラコードが縫い付けられています。左右をまとめてカラビナに吊っておけるのでこちらも地味な便利さ。この機能であれば蘇りそうな記憶は思い当たりませんので、心にヒビも入ることなく安心してご利用いただくことができます。




    手のひら側。ところどころ空気穴が設けられています。素材や感触はメカニクスに似た合皮ですが、薄い素材なのかメカニクスよりモノを握った時に「素肌感」があります。クラリーノのタグが付いていたので多分クラレ製のファブリックです。ミラバケッソ!




    トリガーフィンガーはさらに極薄の合皮で、シアの落ちる感覚を邪魔しないよう配慮したとのこと。また指先にはアルファ「タッチ」グローブのゆえんである通電性の糸が縫い込まれています。




    親指にも通電糸。これによって人差し指と親指でiPhoneとかiPadとかのタッチデバイスがグローブをしたまま操作できます。ちなみに糸が縫われていない中指でもiPhoneが操作できてしまいましたが、それはこれを見ているあなたとわたしだけの秘密です。決して口外してはなりません。家族とこれからも穏便に暮らしていきたいですか?口外してはなりません。




    指の内側がウェーブ状の特徴的なカットになっていました。手のひら側は関節部分が細くなっており、指を曲げやすいカットになっているようです。




    手の甲側の指は関節の部分に切れ込みが入り、こちらでも曲げ伸ばしに配慮されています。トリガーフィンガーは第一関節にまで切り込みを入れており、「(銃口スー)おとなしく口を割ったほうが身のためだぜ、このグローブの人差し指はトリガーをひきやすくできているんだ…」といったパターンの脅しの際に有効です。




    ナックル部分のナイロンはぐにぐにしたパッドが入っており、今から一緒にこれから一緒に殴りにいけます。




    小指側の黒い部分にも補強がはいっており、今からそいつをこれからそいつをチョップしにもいけます。




    ゆーうきーだあいーだーとー!さーわぎーたーてーずにー!そのきにーなーればーいーいーー!(熱唱)




    ヤー!ヤーヤー!ヤー!ヤーヤーヤー!!(大熱唱)




    左から2番目の人みたいに、民間シューターだけでなくミリタリーでも見かけるようになってきています。日本でももっとちゃんと正規の値段で手に入れやすくなるといいなぁと思います。
    Category: TACTICAL GEAR > NYLON  

    BLUE FORCE GEAR VICTORY 2POINT SLING

    わたくし「あー赤羽にうまいうどん屋があるんだよなー行きたいなー(嘘)」
    わたくし「あーうどん食べたいなー(嘘)」
    わたくし「しっかたないなー、赤羽までいくかなー昼ごはんに、赤羽行くなら時間かかるなー(嘘 )」
    こんな独り言をつぶやいてから会社を抜け出しました。うどん屋の名前ですか? 赤羽フロンティアです。




    ドン! 赤羽で買ったBLUE FORCE GEARのV2スリングです。BFGのスリングと言えばラリーヴィッカーズ大先生監修のVCASスリングですが、このVはヴィッカーズ先生のVでなく、ヴィクトリーのVです。正式名称ヴィクトリー2ポイントスリングです。




    「聞いて聞いて!赤羽でBFGのスリング買ってきた!しかもなんかビクトリーって書いてある!」ってサバゲ仲間が言ってきたらどう思います?(うわっ……こいつパチモンつかまされてる……とりあえずニッコリしてうなずいておこう)って思いますよね。さにあらず。こいつは確かにBFGの実物であるし、わたしはこの手にビクトリーを掴んでいます。つまり勝者なのです。




    BFGのスリングの心臓部、スライダーとハンドルです。VCASはここのハンドルがスリング本体と別色なのですが、このビクトリースリングは同色です。違いはなんとそれだけ!それなのに700円も!!安いのです!ビクトリーッ!!!アーイウィーーン!!!エイドリアーーーン!!!




    あなた今(700円くらいの違いならNSNも取ってるヴィッカーズ先生のスリングを買えばいいのに)って思いましたね!!!画面越しに見えてますからねその顔!!!さにあらず!!!さにあらーーず!!!考えてもみてください一般アメリカ人が7ドルも余計に出して太ったオッサンの名前が書いてあるスリング買いますか?NSN?ホワット?ゼアーズキャンイート?って思ってますよ一般アメリカ人!!!画像はこんなところにもBFGって書いてありますよって画像です。




    つまりねあたくしは心も体もアメリカ人になりきってスリングを選んだということなんです!!!決して安かったから買ったらVCASじゃなかったorzとかそういうこっちゃないんですから!!!あなたわかってんすか!!!そんな顔して!!!画像はこうやってスライダーを掴んで動かしますよー、軽い感じで動きますよーって画像です。




    あ、ちなみにヴィッカーズ大先生をディスっているわけではないですよ大先生!!太ったオッサンっていうのはアレです大先生がそういうふうにしか見えないっていうか……いえ大先生をディスってるわけではなくて大先生!!脳内のアメリカ人がホワッツディスファットガイアーハン?って言ってるんです!!僕でなくて隣の脳内のアメリカ人がですね!!こいつマジ無知なんすよへへへ!!!画像はスリングの銃口側はこうなってます、スイベルはついてませんよーって画像です。




    っていうか先生も太ってること気にしてるじゃないですか…ミリブロのニュースで「自分太ってるのはその…いろいろあったんだよ!墓入ってないだけまだいいんじゃん?」的なこと言ってるじゃないですか……わたくしはですね、そんなヴィッカーズ大先生が本当に大好きです。ウエスタンアームズのヴィッカーズカスタム大枚はたいて買うくらい大好きです。画像はITWのパーツを使ってますよーって画像です。




    余談がうるさいので普通にやりますね。スイベルの付け外しは簡単です。スイベルを通して……




    2つ通して……




    折り返して通し直す。これだけで強固に保持できます。やってみると案外素早くできます。




    銃床側も取り付けていきます。ブッシュマスタータイプのストックなので、バッファチューブに巻きつけるように通して…




    こんなふうにして…




    おっ、こんなところにもBFGのロゴが。さすがは6800円もするヒモです。




    取り付け完了。(画像には若干のネタバレを含んでいます)




    銃口側はスリングスイベルで取り付けます。(画像には若干のネタバレを含んでいます)




    取り付けたM4が多大なるネタバレを含むことになるので全体像は次回にしますが、使用感は上々です。VTACのスリングと比べると縮めやすさ、伸ばしやすさは遜色ありません。むしろハンドルが分かりやすい位置にあるためBFGのほうがいいかも。明確な違いは画像でもわかるようにスリングの太さと適度な硬さ。この太さと硬さによってスリングが使用によってヨレにくく、気づいたらなんかスリングが変に回転しててスイベルをクルクル…みたいな手間がありません。でも長く使うと首にスレて痛そうなので、太さ硬さは良し悪し、どっちを優先するかだと思います。わたくしは大変気に入ったので実物のスイベルが欲しくなりました。うどん屋は定休日だったということにして、また赤羽にスイベル買いに行こう………こうして嘘を重ねると本当のことが何なのかわからなくなりますね。嘘はつきたくないものです。

    1234567891011121314151617181920212223242526272829303107 < >
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。